いじめを傍観しないための授業で傍観者効果についても学ぼう

ご訪問ありがとうございます。

今回のテーマは「いじめを傍観しないための授業で傍観者効果についても学ぼう」です。
2017年5月18日づけのニュースで、千葉県柏市の教育委員会が、いじめ匿名アプリを全生徒(市立中の全ての生徒)に無料で配布というニュースがありました。すべての生徒がスマートフォンを所持していることを前提にしているかどうかが気になりましたが・・・。並んで、『市立中学校全20校の1年生を対象に、いじめを傍観しないための授業を始める。』とありました。

1、いじめを傍観しないための授業の目的とは
2、どんな授業か?
3、教材の中身は?
4、授業の最終目標
5、傍観者効果について

http://www.asahi.com/articles/ASK524GQZK52UDCB00J.html

 

 

 

 

 

 

 

 

1、いじめを傍観しないための授業の目的とは

いじめ問題で注目したのは、いじめを周りで見ている傍観者。自らが標的になるのを恐れて見て見ぬふりをすることで、いじめを助長しかねない存在になることから、生徒の意識を変えるために、「傍観者の視点で考え、議論する授業」を実施する。

「傍観する態度はいじめの助長をしてしまう」ということ。
そうならないため・・・・・

2、どんな授業か?

授業は50分で、千葉大学教育学部の藤川大祐教授らと共同で開発した。中学1年のクラスを舞台にした約10分間のビデオドラマの教材を使用する。

プレスされたのは、このような内容

【公開する授業について】

(1)日時: 5月22日(月) 午前9時45分~10時35分(2時間目)
(2)場所: 柏市立土中学校(千葉県柏市増尾1-23-1,校長:鈴木淳一)
(3)対象クラス: 1年1組 担任: 川津真由美教諭
(4)授業内容: 「私たちの選択」と題するネットいじめに関するオリジナルの映像教材を視聴しながら、生徒たちが傍観者の視点でいじめを考え、議論する。また、今回新たに柏市が導入した生徒たちに提供する報告・相談しやすいアプリ「STOPit」の説明も行う。

3、教材の中身は?

SNSで男子生徒の悪口が書かれているのを見た女子生徒の対応が描かれ、傍観者の行動の大切さを気づかせる

女子生徒がどのように対応したのかがわからない。だが、SNSはコミュニケーションツールの一つではあるが、全てに開かれたツールでもあり、特定の集団にしか開かれていないツールであることが問題の難しさだと思っている。ある時は拡散、ある時は閉鎖的に・・・・

男子生徒の悪口が書かれているのを見た女子生徒の対応。 中学1年のクラスを舞台にした約10分間のビデオドラマ

大人が考える対応と当事者が考え行動する対応は違うな気がしますので、女子生徒がとった対応が
実際の中学1年生にとって即したものであるのかがちょっと気になります。

 

4、授業の最終目標

 

授業を通して、いじめを許容しないクラスの雰囲気をつくることを目指す

 

5、傍観者効果について

「いじめを許容しないクラスの雰囲気」というのは、いじめという行為を見たり聞いたりしたとき、生徒一人一人がいじめを許容しないという心をもって行動することに他ならないと思います。

でも、そんなに簡単ではないんです。クラスの雰囲気というのはあくまでも雰囲気だからです。
行動を起こすことが難しいのです。

傍観者効果というのは、

集団心理として、ある事件に対して、自分以外に傍観者がいるときに率先して行動を起こさない心理のことを言います。

「自分がやらなくても、誰かがやるに違いない」という心で

傍観者が多ければ多いほど、この効果は高くなると言います。

ウィキペディアの説明を引用すると「キティ・ジェノヴイーズ事件に対する研究が出てきます。
簡単に説明すると

キティ・ジェノヴィーズ事件は、1964年にニューヨークで起こった婦女殺人事件である。

②彼女の叫び声で付近の住民38人が事件に気づき目撃していたにもかかわらず、誰一人警察に通報せず助けにも入らなかった。当時のマスコミは都会人の冷淡さとしてこの事件を大々的に報道。

③心理学者のラタネ(en:Bibb_Latané)とダーリー(en:John_Darley)は、「多くの人が気づいたからこそ、誰も行動を起こさなかった」と仮説を立て実験を行った。

④実験では、学生を2名、3名、6名のグループにわけて、相手の様子が分からないようにマイクとインターフォンのある個室にそれぞれ一人ずつ通す。その後グループ討議を行わせ、1人が途中で発作を起こす演技をするというものであった。

⑤結果として、2名のグループでは最終的に全員が行動を起こしたのに対し、6名のグループでは38%の人が行動を起こさなかったことが確認された。

⑥実験により、キティ・ジェノヴィーズ事件は、報道のように「都会人の心が冷淡だから」誰も助けなかったのではなく、「多くの人が見ていたために」誰も助けなかったことがわかった。

⑦このことを傍観者効果と名付けている。

その考えに至るまとめとしてこのように述べられていました。

  1. 多元的無知 – 他者が積極的に行動しないことによって、事態は緊急性を要しないと考える
  2. 責任分散 – 他者と同調することで責任や非難が分散されると考える
  3. 評価懸念 – 行動を起こした時、その結果に対して周囲からのネガティブな評価を恐れる

 

先ほど教材の、ネットでの悪口に戻ると、それを見たのが女子生徒一人であった場合と多くの生徒が見た場合の対応は?ということになります。

それを見たのが、女子生徒一人であった場合は、彼女自身にその対応が迫られますが、多くの生徒がそれを見たときは、もしかしたら、「傍観者効果」が高まることもあるのではということです。

このような心理が集団になると働くということを知っておくことも大事なことのように思いました。

いじめを傍観しないための授業で傍観者効果についても学ぼう

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

満足度99.1%!コスパ業界最高クラスの英会話教室

Shummy(シュミー)は通ってみたかったレッスンを自宅で受けられる、NTTぷららが運営する趣味学習サービスです。
自分にあった講座を選び、動画とイベントで学べます。

 

いじめない力、いじめられない力 60の“脱いじめ”トレーニング付 [ 品川裕香 ]

いじめの構造 なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書) [ 内藤朝雄 ] 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す