おとめ山緑祭り2017

ご訪問ありがとうございます。

今日5月21日(平成29年)は第44回のおとめ山緑祭りでした。
親子連れ、お年寄り、大勢の方が集まり楽しい時間を過ごしていました。

吉住新宿区長のあいさつ、記念植樹、花の配布、子どもにはお菓子のプレゼントがありました。

第44回を迎えるおとめ山公園緑祭り、おとめ山公園が新宿区内、新宿中央公園に次ぐ2番目に広い新宿区の公園であることはもう周知ですが、歴史もすごいのです。

昔の面影を残している。弁天池・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成26年10月26日に全面開園される前のおとめ山は、薄暗くちょっと秘境的なイメージがありました。今、その面影を留めるのは、弁天池かもしれません。明るくなったおとめ山公園の中では、あまり手を加えていない場所かもしれません。

池では、亀の甲羅干しが見られます。

今日(5月21日)は、最高気温が31度にも、亀も暑そうでした。が、ほとんど動きがなくて・・・

おとめ山というのは、江戸時代、軍家の鷹狩や猪狩などの狩猟場でした。一帯を立ち入り禁止として「おとめ山(御留山、御禁止山)」と呼ばれ、現在の公園の名称の由来となっています。

昔からある場所です。この場所、大正期、相馬家が広大な庭園をもつ屋敷を造成しました。広大な土地を相馬家は持っていたのでおとめ山もその一部だったのでしょう。僕の小学校のころは落合中側から入る門すぐに、湧水・流れ・池とつながり、その流れがまた、弁天池へ・・・本当に神秘的でした。少し怖いような場所でしたが、子どもにとって、こういう場所も大事だったのかもと思います。

今回、緑祭りが第44回とのことですが、区の公園として、新宿区が購入したのが昭和44年、西暦1969年です。僕らが遊んでいたころは、小学生だったので、区の公園として使われていた初期のころだったのかもしれません。あの頃は、落合中学校からの門、入ってすぐのところの湧水、水量はかなりありました。

話題があちこちに飛んでしまうのですが、平成28年の記念植樹は「クロモジ」
そういえば、どれだけ成長したのか、見てくるのを忘れてしましました。確認できたら写真をアップロードします。

 

そして、今回の記念植樹は、「ヤマザクラ」です。

バラ科サクラ属の落葉高木。日本の野生の桜の代表的な種で、和歌にも数多く詠まれている。サクラの仲間では寿命が長く、ときに樹高30mを超える大木になる。開花時期は3-4月頃。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9

ヤマサクラですが、写真(ウィキペディア)のような花が咲くのでしょうか?
楽しみです。

緑祭り、今日は好天で気温が高い、会場となるおとめ山公園の「谷戸のもり」芝生の緑地で大変気持ちいいのですが、太陽の光を遮るものがなく、大変!家族連れは、木陰(多くはない)にビニールシートを敷いて過ごしています。もう、いろいろな意味で、小さいお子様のいるご家族は、ビニールシートの保有率が高い。公園の利用の仕方わかってますねー

日陰はこの写真だと芝生の左右

 

緑祭り
第43回平成28年5月29日(日)開催
第44回平成29年5月21日(日)開催

毎年、5月の下旬に開催されてます。
地元の方は、町会掲示板に開催のお知らせが張り出されるので、ぜひおとめ山公園に・・・

普段、暑いときは、日よけ、ビニールシートなんかがあるとゆっくり過ごせます。
自動販売機も含め、近くにお店はないので、用意して持っていった方が良いと思います。

一番近いコンビニは「ローソン 下落合二丁目店」

スーパーは「オーケーストア 高田馬場店」

があります。

新宿で都会の喧騒から離れたいと思ったら、高田馬場の駅を降りて、歩いて7分

所在地

下落合二丁目10番(地図

アクセス

JR山手線・地下鉄東西線・西武新宿線 高田馬場駅 徒歩7分
西武新宿線 下落合駅 徒歩10分
JR山手線 目白駅 徒歩10分

(公園内に駐車場はありません。近隣の駐車場をご利用ください。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す