そんなバナナで雨対策

ご訪問ありがとうございます。

 

今回は結論から・・・・

キャンプの雨対策に「バナナメッセージ」

バナナメッセージ編

1、バナナメッセージとは

2、材料

3、やり方

4、まとめ

5、番外編

 

1.バナナメッセージとは、

簡単にいうと、「バナナに文字を書いて、それを人に渡す」わけなんですが、受験生なんかに
「頑張れ!」とか「ファイト!」とか書いて渡す感じ!

2017東京マラソンでは、ドールがバナペンでバナナにメッセージを書いてもらい、ランナーに配るということをしています。

このバナペン、渋谷のバナナ自動販売機で販売していたのですが、今はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、簡単にできるそうです!

2、材料

バナナ、綿棒、穀物酢

3、やり方

バナナの皮に、穀物酢をつけた綿棒で文字を書く

 

4、まとめ

実際にやってみましたが、かなり強くバナナに書かなければならないので、綿棒は細い先のとがったものが良いように思いました。実はうまくいかなかった。

やり方は違いますが、こちらの方は確実です。

 

ということで

再挑戦

2、材料

バナナ、つまようじ

3、作り方

直接、バナナの皮に、つまようじをポチポチ、ドットで文字や絵を描くやり方です。
大変かなと思いましたが、実に簡単です。

さらに良いのは、数分で、穴をあけた部分が黒ずんで、文字や絵が浮き上がるので、
結果がわかりやすい!

簡単なメッセージならすぐにできる!

 

まとめ

スタッフの側で、メッセージを作っておいて、翌日の朝食にさりげなく出す。っていうのも良いですし、何本かに、当たりと書いてもいいし、「歌を歌う」などのゲームを入れておいても・・・

 

 

 

 

 

 

 

子供たちに作ってもらう

時間が空いてしまった、雨になってしまったなんてときに、バナナメッセージをみんなで考えて、作るというのは時間つぶしになるのではと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

バナナ、直ぐ食べるならば問題はないと思います。衛生面で心配ならば、書いた後、水で洗っても良いと思います。

食べるまでがアート。

 

5、番外編

こっちは準備が必要ですが

バナナート編

1.バナナートとは

2、材料

3、やり方

4、まとめ

 

 

1.バナナアートとは

バナナの皮に傷がつくと黒くなる現象を利用して、押しピンの点描で絵を描いていくアート作品。

 

2、材料

バナナ、虫ピン、トレーシングペーパー

3、作り方

バナナに虫ピンで点描していく。そのまま描くこともできるが、トレーシングペーパーなどで絵を描いて、バナナに貼り付けておいて点描していく。

4、まとめ

これに関しては挑戦していませんが、様々な動画ありますので参考にしてみてください。

 

難しそうに見えますが、繰り返すと上達していきそうです。
この「バナナート」は、子供向けの教室なんかで取り入れるといいかもしれません。

 

急にキャンプで雨、でも、バナナと爪楊枝があれば・・・・
意外と面白いですよ・・・・

バナナってそんなに高くないし、価格が安定しているのでオススメです!
バナナは熱中症予防にも良いと言われていますので・・・

 

 

 

 

 

 

これは128円(4本)

 

「先生、バナナはおやつに入りますか?」いまどきの子どもは先生に質問したりしないでしょうが?

バナナが高級品だった時期もありました。バナナ自体はフルーツなんで、おやつ=お菓子と考えればおやつではない。でも、おやつの時間に食べるならバナナもその他の果物もおやつにはいるとも言えますね!

キャンプの食材に、もし、バナナがあればすぐにできるので、
ひとり一本なくてもいいんです。

1グループに1本でも、その1本、実は3面ぐらい書くところがあるんです。

是非トライして、コンテストをするのも良いですし・・・

 

 

あとがき

食べ物で遊ぶというのは実は判断迷うところかなと思いますが、
バナナーティストのエンドケイプさんは

「食べるまでがバナナート」と言っていますので

 

「食べるまでがバナナート」

これを合言葉に

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

フルーツの定番フィリピン産バナナ13kg箱送料無料¥3,480

スポンサードリンク

コメントを残す