なぜ「リリックMV」に惹きつけられるのか?

ほんとに知らないことが多すぎる私でした。

皆さんは、リリックMV(ミュージックビデオ)ってなんだかわかりますか?
きっと、もう目にしていることだとは思いますが・・・・

こんな感じです!というよりここに”リリックMV”と出ていますね!

酸欠少女さユりという名前から、どうしても、好きになれない、遠ざかってしまう方もいると思いますが、僕はものすごいシンガーだと思っています。
ぜひ、酸欠少女”さユり”を記憶にとどめておいてください(勝手なお願い!)

さて、リリックMVですが、MVはミュージックビデオの略のようだとわかります。

1、君はリリックの意味を知っているか?

2、なぜ「リリックMV」が惹きつけるのか?

3、「りりっくMV」はもはや主流!

4、おじさん、おばさんにもやさしい「リリックMV」

 

1、君はリリックの意味を知っているか?

英語の得意なあなたならわかるかもしれませんが、調べましたので報告。

叙情詩とか歌の歌詞とか言う意味です。叙情詩は、自己の純粋な感動や情緒を主観的に述べた詩。ここで、リリックと言っているのは、歌詞のことですが、元々はヒップホップの世界でもちいられた歌詞を意味する英語で、これが音楽業界全般で使われるようになったそうです。

リリックMVとは、歌詞のミュージックビデオとなります。

歌詞を軸に構成されたミュージックビデオ歌詞表示のないものもある従来のミュージックビデオとは異なり、全編にわたり、曲に連動して歌詞が表示される。もともとは正式なミュージックビデオが完成するまでの仮作品や、ファンの二次創作的な作品として作成されていたようだが、動画サイトやソーシャルメディアの普及に伴い、プロモーションの一環として作成されるようになった。洋楽業界で取り入れられ、日本の音楽業界にも広がったとされる。近年は凝った作りの見応えのある作品も多く、注目が高まっている。

(2014-5-27) コトバンクより引用

2、なぜ「リリックMV」は私たちを惹きつけるのか?

これは、高橋優「CANDY」リリックビデオ、時間があったらぜひ見ていただきたいのだが、

これも映像の中に歌詞が散りばめられている。
なぜ、惹きつけられるかの答え・・・・ですが・・・・・

私たちが日本人だから

日本語は表現力が豊かで、漢字という文化もあり、言葉も絵画のように情景として心に入り込んでくるからです。

 

3、「りりっくMV」はもはや主流!

ただ、単に、文字を提示するだけでなく、文字をデフォルメしたり、踊らせたり、受け手の目に歌詞が飛び込んでくる感じで、公式のPVに、リリックMVを使うことが確かに目立っています。

こんなのもリリックMV

 

4、おじさん、おばさんにもやさしい「りりっくMV」

歌番組でも、歌詞が流れるようになったのは、なにを歌っているのかわからないということで、サザンオールスターズの「勝手ににシンドバット」が最初と言われているが、今や、ほとんどの歌番組で歌詞のテロップが流れるようになった。

これが当たり前になってくると、映像の面白さよりも歌詞がわかる方が良い場合がある。
特に一つの言葉に当て字のような漢字をつけて意味を持たせることが、日本語の場合多いこともあるのではないだろうか?

特に、今の音楽は聞き取ることが難しい、一つの音に、いくつもの言葉が入り込んだり、日本語に英語が入ってくるので、わかりづらい。

そして、アーチストも、この言葉は強調したい、しっかり届けたいというものがあれば、その言葉だけを画像の中に入れ込むこともできる。

言葉を、歌詞を届けたい、伝えたい歌うたいにとっては、リリックMVの方が映像だけよりも良いのかもしれない。

今の歌についていけないと思っている、おじさん、おばさんも、この歌はこういうことを歌っているんだとわかるとホッとする・・・・・いや、ホント・・・

 

まとめ

リリックMVって、ごめんなさい、本当に知らなくて、リリックMVの表記を見たとき、リリックさんという人が作ったミュージックビデオのことだと思っていました。

歌詞が映像に次々と繰り出される点では、カラオケと似ている・・・でも、その繰り出される歌詞が主義主張を持っているのがリリックMVと僕は理解しました。

もし、それは違うという人がいても、僕の理解はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す