アナタの住所、職場に近いAEDの設置場所を3箇所覚えましょう!

ご訪問ありがとうございます。

今回のテーマは、「アナタの住所、職場に近いAEDの設置場所を3箇所覚えましょう!」です。

あややの物まねでブレークしたタレントの前田健さんが、新宿区の路上で倒れ、お亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

この時、AED処置がされたとの報道がありました。AEDは心肺停止の際、心臓マッサージとともに用いられるものですが、このときは、パチンコ店のAEDだったようです。

AED設置場所を調べておきましょう。
公共施設にあるAEDになりますが、新宿区内のAED設置場所は
こちらから調べることができました。

自動体外式除細動器(AED)を設置している新宿区の施設

私の住んでいる落合第一地区管内は
以下のような場所に設置されています。

落合第一特別出張所
佐伯祐三アトリエ記念館
落合中央公園
上落合地域交流館
下落合地域交流館
清風園  中落合1-7-26
新宿清掃事務所 下落合2-1-1
落合第一小学校
落合第二小学校
落合第四小学校
落合中学校

幼児用のパットも用意されています。
ただし、注意しなければならないのは、
24時間対応している場所ではないということです。
施設が開放されているときにしか取り出せないようです

区内で24時間対応できるところは区役所と新宿区立あゆみの家だけのようです。

コンビニや駅構内にも設置されているようなので、
それも含めて把握すればよいでしょう。

2009年の東京マラソンで、タレントの松村邦洋さんが、レース中に一時心肺停止状態になり、この時は心臓マッサージと近くの交番にあったAEDでの処置で一命を取り留めたそうです。

2013年に公共の場で心肺停止状態で目撃された薬2万5000人のうち、AEDが使用されたのは907人ということで、4パーセントにもみたない状態だそうです。

ぜひ、いざというときのため、設置場所を頭に入れておきましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す