ボッチャ日本チームの銀メダルは東京パラリンピック「金」への布石

 

ご訪問ありがとうございます。

リオのパラリンピックで、ボッチャ
チーム(脳性まひ)で日本チームは
初のメダル、銀メダルを獲得しました。
次は、東京大会!さらなる後押しを・・・

ボッチャという競技はどういうものなのでしょうか?

a

1988年ソウルパラリンピック大会で、重度脳性麻痺者に参加資格があるものとして、ボッチャが公開競技として実施され、1992年バルセロナパラリンピック大会から正式種目になりました。
日本では、ソウルパラリンピック大会以後スポーツセンター等でレクリェーションとして紹介され、1997年に日本ボッチャ協会が設立されました。また、1999年から日本選手権大会(日本ボッチャ協会主催)が毎年開催されています。

競技としてのボッチャは障がいを持った(特にスポーツができない
とされていた人のために作られた)スポーツですが、
日本では、レクレーションとして、また、ニュースポーツとして
紹介されています。

では、どのようなゲームなのでしょうか?

b

カーリングに似ていると言われています。
また、陸上でやるユニカールとも似ています。

ユニカールをやった方はわかると思いますが
ユニカールは面白いのですが、ユニカールで
使用するストーンが意外に重く

子どもたちやお年寄りには
ちょっと大変で、できない人もいます。

その点、ボッチャは椅子に
座ってでもできるスポーツです。
さらには、

c

こちらは、競技としての対戦の仕方・チーム編成になりますが
いかに、障がいを持った人でも意思が伝えられれば出来る
スポーツになっていることが理解できると思います。

de

コートについて

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88

競技としてはかなり細かく、
ルールも厳しいものですが

私たちにとっては身近なものである必要があるので
レクリエーションボッチャとかターゲットボッチャ
というやり方が紹介されています。

レクリェーションボッチャとは?
競技ボッチャのルール・コートを簡単な形式に変更し,
子供からお年寄りまで、障害者と健常者の区別無く
楽しめるように工夫されたゲームです。

以下のようなコートを作りますが、
年齢やその場所の広さによって変えて良いようです。
実際は、6メートル×12.5メートルの広さですが

reku

●競技ボッチャにあるクラス分け・投球時間・反則行為・試合形式の規定はありません。
●ゲームは、2チーム対抗で行います。
●両チームのキャプテン(個人戦は選手同士)がジャンケンで、先攻(赤)・後攻(青)を決めます。
●個人戦以外では、投げる順番をあらかじめ決めておきます。
●ゲームの進め方・得点の数え方は基本的には競技ボッチャと同じですが、より簡単にするためにボールによる得点ではなく、ラウンドの勝数のみでゲームの勝敗を決定する方法も考えられます。この場合には、ジャックボールに一番近いカラーボールのチームがそのラウンドの勝者と成り、点数は数えなくて済みます。同距離の場合は引き分けとします。

 

上記は、優博士さんのページよりの引用です。
優博士さんのトップページはこちらから

ターゲットボッチャについても説明されています。

競技の普及ということで、
東京オリンピックでさらに
注目されるスポーツにしたいと
願っているようです。

2014年の2月に公開された映画

「抱きしめたい~真実の物語~」

maxresdefault

見たことがありますか、主演は北川景子さん、錦戸亮さん(NEWS)です。
この映画は実話に基づいており、ヒロインのつかさ(北川景子)は記憶を覚えられず例えば買い物に出かけても何を買いにきたかを忘れたり、出会ったことのある人の顔を思い出せなかったり、といった記憶障害を持っています。また身体障害も併せ持っており電動車椅子での生活です。

錦戸亮さんは、タクシードライバーなのですが、ヒロインと関わるうちに恋愛し結婚します。
つかさは障がい者スポーツボッチャに取り組んでいます。元々、スポーツが得意だったヒロイン、
高校の時に交通事故。このボッチャに出会い、取り組んでいく様子は、恋愛映画でありながら、
障がいを持った人にとってのスポーツは、単に身体を動かしたり、鍛えることではない。
ことがわかると思います。

リオのパラリンピックで
銀メダルをとった日本チームですが
このような競技がなければ、

おそらく世界の人とスポーツで
つながることはなかったことでしょう。

子供からお年寄りまで、障害者と健常者の区別無く
楽しめるように工夫されたゲーム。

これはレクリエーションボッチャと言いますが、
新宿区にもボッチャの用具が用意されています。

レクレーションボッチャならば
ゲームとして楽しむことが出来ると思います。
まずは、大会を開催するのが普及の
早道かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

スポンサードリンク

コメントを残す