ロバート秋山の「生きる力」は「イイキルチカラ」

ご訪問ありがとうございます。

今回のテーマは

「生きる力」は「イイキルチカラ」

です。

TBSの2017年オールスター感謝祭で
阿部サダヲが見たい芸人でロバートを指名していた。

その時のコント「雰囲気ことわざ道場」が面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな内容かというと
適当に意味のない言葉を発して強く言い切ることで
なんとなくことわざっぽく聞かせてしまうという

まさに雰囲気でことわざを作るというバカバカしいものだが

なんでこんなことを考えたのかの
ロバート秋山のコメントがちょっと刺さった。

「私もことわざなんてわからない、知らない、
でも言い切ることで、格好が付くものだ」

今の若い人は、言い切る力がないんですよ!
優柔不断で、自信がなくて、言い切らない
ともかく言い切れば、良いのだ。」

このコントの面白さより
この発言に注目した人間は少ないかも知れない

こんな見方で普通この手の番組は観ないから

「生きる力」じゃなくて「イイキルチカラ」

そう、言い切る力を身につけること

言い切るのは、自信がないとできない
確信がないと出来ない

もし言い切ったことが間違っていたり
できなかったら、そのときは非難されることもある

でも、言い切るには、根拠が必要だ

根拠が乏しかったり
確信がないと言い切れない

若い人たちよりもある程度の年齢なった私たちの方が
言い切ることをしていないような気がする
あまり冒険的な発言をしない

当然責任が伴うので、いい加減な発言はできない
言い切ることができなくなる

大人の対応であるが
曖昧な表現を多く使うようになる。

だからこそ
若い人たちは、言い切ることを恐れずにやっていってほしい。

もしかしたら、痛い目にあうかも知れない
言ったことに責任が伴うこともある

「生きる力」は「イイキルチカラ」

大事なことです!

 

あとがき

 

お笑い番組は好きなのでよく見るのだが
このロバートの切り口はとても面白かった。

本当に
「雰囲気ことわざ道場」
やってみたいヽ(*´∀`)ノものです

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す