強羅から箱根湯元まで歩いてみた、無謀?

ご訪問ありがとうございます。

11月13日、14日に箱根、新宿区つつじ荘にて、青少年活動推進委員会の宿泊研修会に参加しました。

研修会自体は、情報交換、親睦会を兼ねたものでしたが、都会を離れて、情報を一度遮断した状況もあり、個人的にはいろいろなことが考えることができました。

14日の午前解散となり、つつじ荘から箱根湯本まで歩いて見ようとフッと思いました。これが間違いの元?でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強羅までは、問題なく歩くことができ、非常に気持ちよく下り坂。強羅の駅で、駅員さんに、箱根湯本まで歩くことはできますか?と尋ねたところ・・・

国道に入ると、何もない道で、やめたほうが・・・との答え。強羅から湯元までは7.8キロとのこと・・・どうしても歩きたくなってしまいました。

箱根駅伝の山下りなのですが、出だしは、霧がかっていて不安材料が・・・・

幸いにも、車の往来がまだあまりなかったので、道路の端を歩き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いていく途中の景色がとても幻想的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中いくつか滝があるのですが、説明のある滝がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく歩かないとこれにも出会うことはない。ところで、アイオン台風って?

アイオン台風

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強羅から箱根湯本まで、約1時間40分位かかりました。途中、山を登ってくるランナーが一人。

下っていくランナーが一人いました。

なんで自分は歩いているのか?とも思いましたが、この急勾配を走るというのはすごいなーと思いました。

本当に何もないのと、車の往来が激しいと危険なので、よっぽどのことでない限り、歩かないほうが良いでしょう・・・・というのが、結論です。

 

検索すると、徒歩で箱根湯元~強羅は

2 時間 17 分 (7.8 km「東海道/国道1号線」経由

になっていますが、こちらは上り。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサードリンク

コメントを残す