折り紙自動販売機は(・∀・)イイネ!!

ご訪問ありがとうございます。

折り紙を自動販売機で売る。

これって、良い視点ですね!すごくうまいアイディア!
たばこの自動販売機を利用するなんていうところも素敵です!

地域的にだぶらなければ、このアイディアいいんじゃないでしょうか?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180105/k10011280171000.html

 

 

 

 

 

 

心を込めてひとつづつ折る。日本人にはこれが売り物になるなんて発想はないかもしれませんが、外国の人はきっと、日本らしいものだと感じるのではないでしょうか?

ちょっと、こだわりのある和紙を使って、このニュースにあるように、たばこの自動販売機に入れられるように、ケースに入れて、これでOKです。

たばこのケースのサイズに収められれば、紙漉きでメッセージカードなんかをセットに入れてみたり、身近にあるどんぐりのようなもので独楽(こま)を作って入れたり、落ち葉なんかでもいけるんじゃないでしょうか?

大事なのは、誰が折ったか、作った人の写真を入れるのも面白い!

ボクは、昔、障がいを持っている方と関わる仕事をしていました。
彼らの待遇は大事なことですが、社会参加できることも大切なことだと思っていました。
これは、関わる人間にとってもうれしいし、目標の1つでもあります。

日光以外でもやっているところはあるようですが、我が新宿ではどうだろうか?どこかトライしてみて、その結果で判断してみたら面白いんじゃないだろうか?

東京2020があるので、それに関連してできないだろうか?
そんなことを考えたニュースでした。

 

 

 

 

 

この自動販売機を設置した会社、アクシスの和気悟志社長は、「購入した折り紙をクリスマスツリーに飾ってくれた外国人もいる。今後は、折り紙だけでなく、日本の文化が感じられるものを販売していきたい」と話していました。

おそらく、儲けにはならないかとは思いますが、社会参加という意味では期待できるのでは・・

お声をかけてくださればお手伝いします。(*‘∀‘)

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサードリンク

コメントを残す