cad1fe17fa9af4d696637462e6ac80fc_sご訪問頂きありがとうございます。
落合あいあいのしまパパです。

今回は落合村を離れて
「新宿は危険か安全か」というテーマで
お話します。
自分の拙い経験では、
「危険」とも言えるし「安全」とも言える街です。

新宿という町に行ったことがない人にとっては
とても危険な街、あるいは怖い街のように思う人が
いるかもしれません。

新宿というと歌舞伎町をイメージするからかもしれません。
きっと危ない場所なんだろうと思っていることでしょう。
でも、自分などは、旅行などで行った
地方(ススキノや博多)の繁華街の方が緊張します。
新宿は危険か安全か
結論から言うとあなたの行動しだいです。
新宿は、スリリングな場所です。
そこを求めれば、当然、危険もないわけではない。
でも、そこを求めなくても危険はあります。
何に気をつけたらよいでしょうか?

間違いなく、場所ではなく人です。
変なおっさんが
「○○ポッキリで遊べますよ!」と言うならば無視すればいい。
声を掛けるのが
イケメンの男性だったり
素敵な女性だったりするとどうだろう。
そうじゃなくて、真面目そうな青年が
「○○のアンケートしています」
と来たらどうだろうか?
あなたの様子を見て
声をかけてくるパターンが違う。
でも、危険であることに変わりはない。
おそらく、歌舞伎町という街だけが危険ということ
ではありません。歌舞伎町を離れた場所、路地だって
危険なのです。
そんなわけで
新宿区は
新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例を施行(平成25年9月1日)
しています。
引用:執拗な客引き行為や勧誘(スカウト)行為は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」や東京都の「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」で規制されていますが、ここ数年、法律や都条例で規制されていない繁華街での居酒屋等の客引きが目立っています。こうした光景は、区民や新宿を訪れる方に不快感を与えています。また、客引き防止パトロールに取り組む商店会等も対応に苦慮してきました。
そこで、客引き行為等をなくし、誰もが安全で安心して楽しめるまちの実現を目指して、客引き行為等を規制する「新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例」が、新宿区議会平成25年第2回定例会で可決され、平成25年9月1日から施行されました。
この条例は、法律や都条例で規制されていない、居酒屋、カラオケ店の客引きそのものを規制するとともに、路上スカウト行為、客やスカウトの相手方を待つ行為(うろつき、たたずみ、たむろなど)も禁止しています。
区は、地域の皆さんや警察との連携をさらに強化し、客引き行為等への指導を推進していきます。
かなり、徹底されてきており
その意味では、新宿は安全に取り組んでいる
街ということができる。
少なくとも自らが踏み込まない限りにおいて・・・・・

最後に
もう、30年以上の話です。奥多摩(ここも東京都です)にいとこがいて、
用事があって車でうちに遊びに来ました。
高田馬場に遊びに行こうということになって

下落合駅から高田馬場駅へ、たまたまだったのかもしれませんが、
駅前が大勢の人でごった返していました。
もっとも、私にとっては見慣れた風景でしたが、

彼曰く「今日はお祭りか何かあるのか?」と・・・・
その言葉が今でも忘れられません。

歌舞伎町には新宿区役所があります。
この年になって、なぜかしら、
歌舞伎町方面に行くときは緊張しています。
昔は、歌舞伎町で遊んだこともあったのに
今では用事がないと行かない場所のひとつに
なってしまいました。
わたし自身は、危険な思いをしたことはありませんが、
新宿区民ですがほとんど知らない場所です。
ですから、案内できません^^;

コメントを残す