新宿区清水川橋公園について

 

ご訪問ありがとうございます。

新宿にある清水川橋公園について調べてみました。
清水川橋公園との名称ですが何で清水川橋なのか?

高田馬場駅からさかえ通りに入り、すぐに左に入ると橋があります。
その橋の名前が、「清水川橋」ここの橋の名前から付けられた公園であることがわかります。

落合の風景の変遷を考えるとき、一番の目印は、妙正寺川と神田川の落ち合うところ・・・ですが、

川にかかっている橋も一つの重要な視点です。

今の写真を見てみましょう。グーグルアースから

 

https://goo.gl/8Taums

 

 

清水川橋が確認できます。

この橋、明治の地図でも確認されており、結論からいうと、高田馬場停車場の西側一帯が「字 清水川」となっている。つまり、この辺一帯を「字 清水川」と呼んでいたということです。

高田馬場停車場というのは?ピンとこないかもしれませんが、停車場とは駅のこと。

 

戦前の写真を見てみましょう。これは昭和11年に陸軍が撮影したもので、橋のところを拡大してみました。画像が荒いのですが、橋があるのがわかりました。

http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=689007 より加筆

 

 

 

 

 

当たり前のことではありますが、周りの風景が変わっていく中でも、橋が昔から存在していて、多くの人の往来があったことを想像するとドキドキします。

さかえ通りって、昔からあるんですね!
いつからさかえ通りという名前になったのかが気になってしまいました。

ただ、清水川橋公園付近一帯が、清水川という土地名だったこと。

清水川一帯の中にある公園ということで清水川(橋)と名付けてのは自然なことなのかもしれません。誰が命名したのかなー。

 

まとめ

地図も国土地理院のものが閲覧できますが、この地図画像から読み取るにはもっと知識が必要なようです。

また、川も、同じ場所を流れているわけではないことに気が付きました。今のようにまっすぐな流れではなく、蛇行しているケースがあります。これによって、入り組んだ番地名の謎がわかることがあります。

下落合と戸塚ですが、これは昔の川でわけ隔てているようです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す