昭和23年の落合の風景(国土地理院の地図・航空写真閲覧サービスより)

 

 

ご訪問ありがとうございます。

今回は、「国土地理院の地図・航空写真閲覧サービス」から、
昭和23年の航空写真を見てみたいと思います。※国土地理院コンテンツ利用規約に基づく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=746494

この写真は終戦後、昭和23年の1月18日の撮影となっています。
米軍が撮影したものです。

昨年(平成28年)5月20日、落合第一地区協議会ふるさと落合部会
「上落合まち歩き」で、上落合が空襲で甚大な被害を受けた場所
という説明を聴きました。

妙正寺川を挟んで、写真では下の部分が明るいのに気が付くと思いますが
被害の範囲がこれで推測できます。

また、この写真で、目白通りの上、現在の豊島区も甚大な被害であったと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

青い部分は、空襲を受けていないそうです。

この部分には、聖母病院があり。
攻撃を避けたともいわれています。

また、救援物資が聖母病院上空から
落とされたということも聞いております。

昭和23年1月18日撮影ということなので

前年の年、22年ですが、
落合中学校が4月1日に落合第4小学校内に開校したと記録があります。

昨日(平成29年4月29日)、新宿区西新宿中で、花と緑のリサイクルフェアをやっていて
少し手伝わせていただいたのですが、その時に、落合中学の卒業生という方とお会いしました。

その方は、落合第2小学校で学んだそうです。
落4小学校ばかりでなく、落2小も間借りしていたのでしょうか?
また、校庭は最初のころはなくて、用地を買い取って
広げていったと聞きました。

正確なところかどうかは
いろいろな方にお聞きしてまとめてみたいと思います。

 

単なる空中写真(航空写真)ですが、
この写真の中に、その当時の人たちの暮らしが
あったことを想像すると

いま、同じ場所に、私たちが住んでいることの意味
※意味なんてないといわれる方もいるとは思いますが

を考えていきたいと・・・・

 

戦後間もない時の事
これも聞いてみたい

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

随時、更新していけたらと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す