甘泉園公園のアジサイはこれから

甘泉園のアジサイは、これからです。(2018.05.29)

甘泉園公園は、新宿区立唯一の回遊式庭園です。「甘泉園」の名は、ここから湧く泉の水がお茶に適していたところからきたと言われています。池を抱く森は周辺とは別世界の静けさを演出し四季を通して、訪れた人々をもてなします。

甘泉園公園の湧水

新宿区のホームページの説明

江戸時代宝永年間(1704-1711年)に徳川御三家の一つ尾張徳川家の拝領地となり、その後安永三年(1774年)に初代清水家の江戸下屋敷が置かれていました。明治以降は、子爵相馬邸の庭園として整備され、昭和には早稲田大学が付属甘泉園として譲り受けました。昭和44年には区立公園となり、現在に至っています。
現在の公園は、ツツジの花、アジサイの花、新緑やモミジの紅葉、冬の雪吊りなど、四季折々に見どころがある日本庭園として人々に親しまれています。
みどりの新宿30選 、日本の歴史公園100選 に選ばれています)

日本の歴史公園100選に選ばれているとは知らなかった。

肝心のアジサイは・・・・・

 

池の周りをぐるっと一周

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイは雨模様のときの方が美しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘泉園公園

開園年月日 昭和44年7月1日

面積   公園面積 14,235.35m2

開園時間  3~10月 午前7時~午後7時
1~2月 午前7時~午後5時

とても静かで心が落ち着く

池を中心に、景観よく木々が配置されている。アジサイはもうちょっとといったところだろうか?

まとめ

区役所に用事があり、帰り自転車で遠回りして立ち寄ってみた。地元には、おとめ山があるのだけれど、甘泉園は、また違った趣がある。ちょっとざわついていたボクの心が静かに落ち着いていく。

なかなか交通的には、自転車以外は、遠い感じがするが、都電はすぐ、面影橋を降りて2分ぐらいの距離。

あなたも、近くの公園で、心を癒す時間を・・・

 

以上、しまパパのブロクでした。

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントを残す