空を見上げることは健康の一つ

ご訪問ありがとうございます。

「最近、あなたは空を見上げていますか?」

「ここのところ疲れちゃって、やる気にならない」そんなアナタ、ぜひ

空を見上げる

効果あるようです。

「また、凧づくり、凧揚げのイベントなんだよなー、これが、仕事以外での一年の始まりになってるね!」と独り言。

平成30年1月7日(日)に、新宿区落合第一地区青少年育成委員会の「凧づくり」が、落合第一地域センターで行われました。

※全体で93名(詳細は後で)

みんなで和気あいあいと「凧づくり」をしました。

こんな雰囲気です!

ところで、「凧あげ」いつごろから、こうやって正月あそびなったのでしょうか?
落語では、「初天神」というのがありますね!

ボク達のような庶民が、凧あげをするようになったのは、江戸時代後期だそうです。
この凧あげには、意味があるそうです。

「立春の季に空に向くは養生の一つ」

暦の上で春がはじまる「立春」(2月4日頃)の季節に、
空に向かって凧揚げするのは、健康にいい !
(そろそろコタツん中から出て、外の空気を吸いましょう)

ちなみに、
正月に凧揚げするのは、上の言葉によるものだそうです。

養生というのは「健康の増進」

だから、凧あげする=空を見上げること=健康。

こんな意味があるんですね!でも、もう一つ、ボクは思います。
空を見上げるには意味があると・・・・

空を見上げると、当然、上を観ることになりますから、姿勢がよくなります。この姿勢というのが、気持ちを高揚させて、快活な気分にしてくれるそうです。

年の初めに空を見上げる。やる気が出てきますよ!

お正月あそびの凧あげですが、
「もう純粋に楽しんで福を呼び寄せなくちゃ」

この一年、何度も空を見上げたいと思っています。

ぜひ、これを読んでいるあなたも、ちょっと落ち込んでるなーとかいうときは、空を見上げてみるといいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す