第66回“社会を明るくする運動”新宿区パレードに参加して感じたこと

平成28年7月3日(日)第66回社会を明るくする運動新宿区パレードに参加してきました。

折りしも、今年の前半に、元プロ野球選手や俳優が薬物使用疑惑で逮捕され、
大変、ショッキングなニュースになり、更正についても、さまざまな意見が
出ています。

 

ところで、社会を明るくする運動って知っていますか?
聞いたことがありますか?

 

これは、法務省、保護司会が中心となって意見しているもので、

 

すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの
更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,
犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。
今年で66回目を迎えます。

何を目的としているかというと

 

テレビや新聞では,毎日のように事件(犯罪)のニュースが報道されています。安全で安心な暮らしはすべての人の望みです。犯罪や非行をなくすためには,どうすればよいのでしょうか。取締りを強化して,罪を犯した人を処罰することも必要なことです。しかし,立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや,犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりをすることもまた,とても大切なことなのです。
立ち直りを支える家庭や地域をつくる。そのためには,一部の人たちだけでなく,地域のすべての人たちがそれぞれの立場で関わっていく必要があります。“社会を明るくする運動”では,犯罪や非行のない地域をつくるために,一人ひとりが考え,参加するきっかけをつくることを目指しています。

更正保護を社会で推し進めていく運動です。

物語はここから始まります。

人はなにかにつまずいて、間違った道へ進んでしまうと、ひとりで方向転換することは思うにままならない。

それが犯罪と呼ばれるものであったとき、法的な裁きを受けるのは当然のことである。

だが、その罪を認め、罪を償った後、そこで立ち止まらせてはいけない。

心底、過ちを悔い、更正を願う人が生きていける社会がなければ・・・・

また、犯罪に手を染める可能性が大きい。

 

この考え方、大事なことだと思うのです。

 

ですが、薬物依存については
「更正できるだろうなんてそんな甘いもんじゃない!」
というコメンテーターもいます。

 

私も別な面から、このパレードに参加しながら、
心の葛藤がありました。

 

それは、近年の犯罪の中に、加害者の身勝手な考え方や思いで
引き起こされているものがあり、被害者の家族の思いを考えたときに
「そりゃないだろう」と思うことがしばしばあるのです。

 

「罪を憎んで、人を憎まず」というのは、
その罪が、何を起因としているかが大きいのです。

 

犯罪は許されるものではありませんが、
人として償える罪もあれば、
償えない罪もあるということを忘れてはいけないように
思うのです。

社会を明るくする運動は、昭和26年が発足とされています。
当時の社会情勢を考えれば、思いがわかるのです。
罪を犯してしまうのには理由があった。

 

現在も罪を犯してしまうのには、理由があります。
でも、あまりにも身勝手な理由もあります。

 

こんなときに、その人の更正保護の必要性を
訴える自信は、私にはありません。

こんなことを感じながらパレードをしてきました。

 

20160703_135639写真の黄色い羽根の説明があります。

 

この「黄色い羽根は、私達の社会があらゆる犯罪に
毅然とした対応をすると同時に、あやまちを犯した
人たちが悔い改めて罪をつぐない、いつかこの私達の
社会に帰ってきて生き直そうとするのを支える居場所
づくりの運動のしるしです。「おかえり。」を合言葉に、
物心両面の支援で、絶対に再び犯罪に手を染めさせない
というネットワークを大きく広げたいと思います。
どうか、あなたもこの更生保護の想いをさらに伝え
広げるために、「黄色い羽根」に込めた私達の願い
を共有してください。

 

 

また、こんな説明も

 

この「黄色い羽根」は、アメリカの新聞記者ピート・ハミルの
紹介した実話に基づいて製作された。刑期を終え出所した
男を暖かく迎える夫婦愛の映画『幸せの黄色いハンカチ』
(昭和52年、山田洋次監督)にヒントを得て作成しました。

https://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81-DVD-%E9%AB%98%E5%80%89%E5%81%A5/dp/B00006JOIR

https://www.amazon.co.jp/%E5%B9%

黄色い羽根・・・この映画につながるのか?

スポンサードリンク

コメントを残す