第40回 秩父キャンプ(落合第一地区青少年育成委員会)のまとめ

第40回 秩父キャンプ(落合第一地区青少年育成委員会)のまとめ

▽ 平成29年7月21日(金)~23日(日)
▽ 秩父浦山清流キャンプ場
▽ 参加人数 101名(大人は1日参加当含む)

▼内訳 小学生 66名  中学生 2名  大人 33名

構成
(小学生)落合第一小学校 16名  落合第二小学校 20名
落合第四小学校 28名  他校      2名

男子  32名   女子  34名

3年生  19名  4年生  13名
5年生  13名  6年生  21名

総括:全体としては安全無事に3日を終えることができた。特に子ども同士が仲良く協力して過ごせていたことが良かった。スケジュール的には時間が押すことが多く、これは、大人の構成で、今まで中心にいた方がいなかったことも大きい。

課題:アレルギーや特別に配慮が必要な子どももいて、今後も様々なケースが考えられるため、受け入れについて、事前に取り決めをしておかなければいけない。

 

今までは、スタッフの一人として関わってきた秩父キャンプですが、
今回は実行委員長としての立場で関わることになりました。
自分なりにまとめてみたいと思います。

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDFデータは、こちら⇒http://simapapa.com/wp-content/uploads/2017/07/mind.pdf
 

特に重要だと思われること。

事前説明会

ここでは、育成会のキャンプの目的と育成会の立場を明確に伝えることが重要。
必要であれば文書等にすることも考慮したほうが良い

持ち物説明:具体的に、なお、荷物の準備は子供と一緒にを伝える

当日の集合時刻の徹底と集合場所付近にはトイレがないこと、トイレは
出発して、レッドアローに乗車してからということを伝える。

 

当日、集合場所

健康チェック、できるだけ保護者より聞く

お迎えの流れ解散についても説明

子供たちへ
移動は班ごとであることを伝える
何かあったら、班担当の大人へ

キャンプファイヤー

子供たちのスタンツも良いが、クイズ等が多く
こちら側で、キャンププログラムを作ったほうが
良いかもしれない・・・・・

いろいろ反省点、改善点はある。

特に事前準備、事前説明でほぼ決まると考えたほうが良い。

また、最悪の天候や状況を見越してのプログラムを
考えておけば、対処出来るし、安心!

このことはどのイベントでも同じ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おまけ

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す