第41回 秩父キャンプ(落合第一地区青少年育成委員会)のまとめ

第41回 秩父キャンプ(落合第一地区青少年育成委員会)のまとめ

▽ 平成30年7月21日(土)~23日(月)
▽ 秩父浦山清流キャンプ場
▽ 参加人数 101名(大人は1日参加当含む)

▼内訳 小学生 63名  中学生 4名  大人 34名(委員14名、地域4名、出張所5名、学校関係者8名+3名(迎え))

構成
(小学生)落合第一小学校 22名  落合第二小学校 14名
落合第四小学校 26名  他校 1名

落合中 4名

男子  29名   女子  38名

3年生  17名  4年生  28名
5年生   8名  6年生  10名

総括:全体としては安全無事に3日間を終えることができた。今年は、4年生が多かった。(昨年は、3年生19名、4年生13名、5年生13名、6年生21名)。大人の方は、人数がいるように思えるが、1日だけの参加が多く、3日間を通して、負担の大きいスタッフも出てきてしまっている。昨年度は、スケジュール的に時間が押していたが、今回は少し押し気味ですんだ。小さなトラブルはあったようだが、子供同士、仲良く協力して過ごせていたことと思う。

課題:昨年同様、アレルギーや特別に配慮の必要な子どももいたが、今年度は、気候。キャンプ前に、熱中症で小学一年生が校外学習を終えて、体調が悪化して、不幸にも死亡する事故があったり、各地で猛暑日のニュースもあり、子供も大人も、熱中症にならないための予防策を考えなければいけない状況が今後もあるかもしれない。

お花畑駅、これからキャンプ場へ

 

今回は、昨年度に引き続き、実行委員長をさせていただきました。(ありがたくもあり、ありがたくもなしといったところですが、やるからには頑張りたいと・・・・)以下は、個人的なまとめです。

まとめ(気になったこと、改善点もふくむ)※昨年度に付け加えました※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDFデータは、こちら⇒20180725

感想と次回に向けて

開村式以降の流れについては、リーダー・サブリーダ発信で、リーダー・サブリーダー不在の際、実行委員長が、フォローに回るようできれば理想。できれば、マネージメント方の役割をする。閉村式まで。

キャンプファイヤーについては、音の問題もあるのだけれど、火が大きすぎて、円が大きくなってしまい、演者と観客との距離が遠いこともある。大きな炎は感動的だが、そのあとのまとまりが難しい。

飯盒洗いは、唯一、子どもたち自身が協力して、力を合わせてやる作業。自分たちでやったということもあり、一番記憶に残るものかも知れないと今回は実感した。

※飯盒洗い、飯盒チェック、子どもたちが頑張っているところは、ぜひ、親御さんに見せたいところ。

参考(レクリエーション)

rec1

rec2

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す