落合第一地区協議会の平成28年度バス視察について


ご訪問ありがとうございます。

今回のテーマは

落合第一地区協議会の平成28年度バス視察について

日時:平成29年3月14日(火)

視察先;さきたま古墳および埼玉県環境科学国際センターほか

対象;落合第一地区協議会委員および公募参加者

上記の詳細計画を立てることにしました。
大まかなスケジュールは以下の通り、

それぞれの見学場所の紹介をしたいと思います。

まずは、さきたま古墳

すごいですね!東日本最大の古墳群です。今から1300年~1500年前を想像してみてください。
ここは、たくさんの物が出土していますが、どれも私たちの祖先の姿を知る上で貴重なものです!

国宝となっている展示物が「さきたま史跡の博物館」にありますが、日本には立派な世界に誇れる
歴史があり、それが今も大切にされてること、これは自慢すべきことだと思います。

他にも、たくさんの展示物があるので、古墳の作られた時代を想像したいと思います。
古代ロマンに浸っちゃいましょう(#^.^#)

時間をかけて古墳群を見て回るのも良いのですが・・・
駐車場近くの古墳も含め、古墳自体には上ることはできないようです(現在)
ご高齢の方も多いので、外観を見学することになりそうです。

団体見学
団体で博物館内の見学等を希望される場合は、電話で事前に連絡をお願いします。
見学日時、団体名、人数、代表者名、連絡先の電話番号等をお知らせください。

お申し込み・お問い合わせ先
Tel  048-559-1111(総務・公園管理担当)

日本の歴史に触れた後は、地球の環境について学んでいこうと思います。
東京にも様々な環境学習の場がありますが、総合的に学ぶにはなかなか
大変なのです!

環境と言っても、自然、植物や水、空気、エネルギーなどなど、
東京はそれぞれの分野で学習するような感覚だと(私見)思います。

その点では、総合的に知る意味ではこの
埼玉県環境科学国際センター」はとても良いと思います。

県内の住む子供たち向けの環境学習として、埼玉県の4人家族が○○といったような、住んでいるところと関連づけて学ばせるようにしているところが、とても良い取り組みだと思います。

こんなことがとっても大事!

 

上記の場所を見学の予定ですが
視察目的は、
さきたま史跡も環境科学国際センターにしても、
内容を知ることが大事ですが・・・・
私たちにどのようなメッセージを送るための施設か
そのためにどのような工夫をもって展示しているのかを
知ることです。

落合第一地区協議会も
落合の歴史や落合の環境のことを学び
落合という地域が、歴史や文化を持った
緑豊かなまちであるように再認識し、
さらに、大事にそれをはぐくむことにあります。

そんな学びになれば、このバス視察も意義あるものになると思います。

 

まとめ

落合第一地区協議会に参加して、バス視察実行のための
資料を集めることになりました。落合は、今回行く埼玉古墳群よりも
さらに昔の縄文、弥生の歴史を持つ場所です。

しかしながら、今は、その面影はありません。
でも、注意してみると小さな名残があったりします。

時間軸で自分の住む場所を知ることは、
自分の住む場所への愛着を生みます。
そして、その場所を大事に思うことが、
初めてできるのだとも・・・・・

 

番外

真面目な話が続きましたが、見学先近くに
古代蓮物語という日帰り温泉があります。

ここも行きたいと思っていますが、
果たして、OKが出るでしょうか?

これに関しては、昼食代も含め実費負担になります。

車で、東京から約1時間30分、ちょっと気になりますね!

http://yunoeki-kodaihasu-monogatari.com/index.html

 

最近、私はツアーコンダクターに向いているということに
気が付きました。

社会見学等の企画につきまして承ります(#^.^#)

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す