西坂公園ディキャンプ2016

新宿区西坂公園及び中落合子ども家庭支援センターでのディキャンプ報告

 

2016年7月17日(日)西坂公園ディキャンプ

主催:中落合子ども家庭支援センター・中落合地域交流館  自主事業運営委員会

参加人数
児童 41名(1年11名、2年19名、3年10名、4年1名)
※落一小20名、落四小20名、落五小1名
大人 33名(委員19名、手伝い12名、館長ほか2名)
※ほか2名
全体人数 76名

 

実施状況は以下のとおり

ディキャンプ2016

 

全体感想

保護者のお母さん方は調理、
お父さん方はかまど・飯盒炊さんに
バランスよく分かれ、班ごとに
対応できた。
当日の天候(最高気温30度)も
前数日間に比べれば過ごしやすい状況

 

飯盒炊さんの前にノコギリで
まきを切るなどをそれぞれやった。
はじめてのこぎりを使う子どももいた。

a

ご飯ができまでの間、約25分間
誕生日別列びや背の順列びをやる。
カレービンゴゲームもやった。
初めての試みであったが
盛り上がった。

 

どじょうつかみは、進行のTおじさんが
子どもたちを上手くのせることもあり、
楽しく盛り上がった。

 

CIMG3027CIMG3025

 

飯盒のご飯については、
どの班もよくできており、
焦げのある班も、
ご飯自体は芯などなく、
ふっくら炊けていた。

 

飯盒の水の量を
今回は、内側に刻印されている
2本のライン(下が2合、上が4合)の
真ん中より若干多めで、火にかけてみた。

子どもに教える飯盒炊さん(by simapapa)

b

手のくるぶしぐらいという説明だと
低学年の子どもにとっては水の量が
少ない状態がほとんどだった。

 

CIMG3019CIMG3022

 

ごはんをよそるのは、
自分で持ってきたスプーンで
とのことだったが、
プラスチックのスプーンでは
割れてしまい上手くよそる
ことができない。

 

13707567_635055673312545_5776891735987766592_n

 

こちらで、ステンレスのスプーン等の
準備をする必要があると思った。

 

 

水ふうせんについては
子どもたちに準備をさせたが
しばるのがむずかしい
大人がたくさんいたので助けられた。

 

CIMG3024

 

落一、落五チームと落四チームで分かれて
投げ合った。時間がなくて、じっくり
対応できなかったが、楽しめたようだ。

 

 

特記事項

※調理では怪我をする子供が・・・・

1班、Sさん(小2)10:30頃、左手中指を切る
8班、Oさん(小3)11:00頃、左手薬指を切る

病院に念のため行く
コミュニティ保険にて対応

 

8班、Sさん(小2)気持ちが悪く屋内で休憩
12:30 お父さんが連れて帰る

 

調理で包丁等を使うので、
怪我をさせないような工夫は必要。

 

しかし、委員は長年、このようなことを
何度も経験しているので、
親御さんへの連絡、病院に行く等の
対応が迅速にできている。

 

まとめ(雑感)

このディキャンプ参加募集をしたら
かなり早く、参加人数に達してしまったとのこと。
低学年の子どもが多く、どうしても、大人の人数も
必要とされるため、同時にスタッフの確保を
しなければならない・・・・・

子どもたちはとても楽しそうだったので、
その期待に応えていきたいが・・・

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す