認知症に対する思い出し療法について

思い出し療法

思い出し療法という記事があったので紹介したい。私は写真、それも、紙焼き写真のデジタル化の手伝いをしている。ご家庭にあるアルバムや写真をデータ化して、CD-VIDEO やその他のメディアに保存することによって、保存状態をよくする。軽量化することにより、災害時に持ち出せるようにする。複製をつくることにより、共有化する。そのための方法やまとめをアドバイスしている。その中で、データ化した写真がテレビモニターで大写しなって見ることができると、懐かしい想い出がよみがえってくる。思い出を振り返り、懐かしい思いを呼び覚ますと同時に未来へのよろこびを生き生きとさせていけるのではと私は思っています。このことを「思い出療法」と名付け、写真を囲んで、思い出を語る機会のお手伝いをしている。私が聞き役になったり、グループを作って、それぞれ、おのおのの思い出の写真を持ちより、順番に語っていくようにする。これが、認知症の進行を遅らせる効果があるのではと思っている。<br>

以下は、<br>

<a href=”http://medley.life/news/item/569dc8530002652623e37809″ target=”_blank” title=”” class=””>思い出し訓練が認知症患者にもたらした効果とは<br>

29人の認知症患者を対象に実験。</a><br>

http://medley.life/news/item/569dc8530002652623e37809

スポンサードリンク

コメントを残す