都会の贅沢!新宿イチゴ一ついただいてしまいました。

都会の贅沢!新宿イチゴ一ついただいてしまいました。

新宿区に農園があるのをご存知ですか?
新宿ここ・から広場(新宿7-3-29)にある「農業体験の場」というところです。
私は、青少年活動推進委員として、今日、この場所で水やりをしてきました。20160512_125245

写真は本当に畑のプランターに植えてあるイチゴです。
これをいただいちゃいました20160512_115854

お店に並んでいるイチゴのように甘いとはいえませんが、

酸味も甘みもある若さを感じられるイチゴです!

いくつもこれから色づくイチゴがありました。
このイチゴだけは、「今食べてね!」と訴えてきたので
いけないなーと思いながら口にしてしまいました。

この農業体験ですが、毎週土曜日に区内の小学3年~6年の子供たち
(確か、今年度は35名と聞いたような気がします)が、この場所で
水やりや手入れ、田植えなどをして収穫するものです。20160512_125143

普段は、区内の青少年活動推進委員が当番で水やりや手入れを
しています。今日は、私が当番でした。

畑には、ピーマン、オクラ、たまねぎ、きゅうり、なす、ミニトマトなどの
苗を植えて育てています。

今日、私は水やりと雑草を抜いたりしてきました。
当番でやらなくてはいけないのですが、
都会の真ん中で、土いじりができるのは贅沢と思っています。

イチゴもおいしかった!

ミニトマトの苗は今花盛りですが、
早いものは青い実が鈴なりになっていて、
これが真っ赤になるときが楽しみです!20160512_125610

まとめ
私たちは、頭ではスーパーで売られているや野菜が
農家の方の手によって育てられたものということを
理解している。

でも、収穫されるまでには、時間の流れがあること
収穫までに、水をやる、雑草を抜くなど手をかける必要があること
理にかなったやり方でないと上手に作れないこと

こんなことを断片的にでも学ぶことは、
子供たちにとって意味があると信じたい。

新宿にこのような場所がもっとあるといいのに

新宿区青少年活動推進委員は以下の目的に添って活動しています。
・子どもの健全育成を目的に、区内全域の子どもを対象にした体験活動を実施し、子どもの豊かな心と生きる力を育みます。
・家庭の教育力向上支援を目的に、子どもの保護者や地域の大人を対象にした活動を実施し、子どもを育むためのより良い環境作りを行っています。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す