AIスピーカーは新時代をつくる、間違いない!

ご訪問ありがとうございます。

スマホの次の技術として、AIスピーカー(スマートスピーカー)の波が来るそうです。

2017年は、「AIスピーカー」
これから生活が大きく変革するような気がします。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000117-mai-bus_all

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このニュースのように、スマホでもやっていること、音声を認識して、それに答えるものなんですけど、人に話しかけるのでなく機械に話しかける。人と会話するのでなく、機械と会話する時代になったのかもしれません。

各社の製品比較という写真がありますが、これ価格も含めて、意外と早い段階で、家庭に浸透するのではないでしょうか?特に、これまでこういったものに縁がなかった、一人暮らしの年配者もこれなら使えるかもしれません。

https://mainichi.jp/graphs/20171006/hrc/00m/020/001000g/1?inb=ys

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット環境が必要となりますが、スピーカー自体の価格は、高くない。
意外にお手頃価格。

TBSラジオで、AIスピーカーを使っていましたが、「今日のTBSラジオのニュース」というと、そのラジオのニュースが流れたり、「サイコロを5つ、振って」というと、賽の目を順番にいうのです。

正直すごいと思いました。話しかけるだけっていうのがいいのです。
方言に対応するのかということでしたが、このAIスピーカーの先、つまりグーグルの方で、機械学習していくので、将来的には対応してしまうそうです。

いろいろなパターンを機械が自分で学習していくということも不思議なんですが・・・

同じことを繰り返し聞いてくる人がいますが、機械だと嫌な顔(顔はありませんが)せずに答えてくれます。答えられないことは答えないというのも機械ならではだと思いますが・・・・

ラジオのニュースでは、これ買っちゃおうかなーというコメント!

会話型AIの技術は、スピーカーに話しかけて操作するもので、いわば「AIの執事」のようなもの。AIスピーカーは、この「執事」の機能を、家庭内で手軽に利用できるようにスピーカーに埋め込んだ。例えば、聴きたい音楽を再生したり、「今日の天気は?」といった質問に答えてもらったり、部屋の照明を付けたり消したりすることができる。

音声入力のため両手が自由に使え、スマホの小さい画面をのぞき込む必要がない。さらに、機械学習で利用者の好みを把握するため、使い続けるうちに応答結果の精度を高められる。

これが家庭に入り込んだら、また、生活が変わるように思います。

多分、人に話しかけるより、このAIスピーカーに話す時間がほとんどになるのではないでしょうか?

リビングに1台あるのが当たり前になるかもしれません。

これからこのAIスピーカーと生活家電が結びついて、照明をつけたり、電話をかけたりもするでしょうし・・・・・

 

TUTAYAでは、端末のレンタルを始めているそうです。

生活がまた変わりそうです。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す