PTAはあるのにPTA室がない学校って?しかも新宿区立の中学校

ご訪問ありがとうございます。

今日は、私の関わっている学校にPTA室がないという話です。
みなさんの通われている学校、お子さんの通われている学校には
PTA室がありますか・・・・

ただ、表題だけ見ると自虐的に捉えられそうですが、
当初からこのような状態なのであまり気にしていません。
新宿区立落合中学校のひとつの自慢?でもあります。

【PTA室を置かない学校・校舎】

ところが、ほかの学校に行くとあるんですね!
必ず、PTA室!

じゃ、PTA活動をどのようにやっているかというと
会議は、学校の特別活動室を借りています。
PTAの物品もその教室の後ろに戸棚があり、
入っています。

印刷機もこの部屋の中です。
ですから、用事のあるとき以外は、
子供たちが使うスペースです。
逆に言うと、用事がなければ、
集まれない組織にPTAはなっています。
それでも、あまり不便に
感じることはないと思います。

ただ、新宿区内の公立中学校で、
なぜ、うちの学校だけがPTA室がないのか
気になるところ・・・・

9bd3dff8900bee7ed0265d947a6c3454

これについては調べてみたいと思うのですが・・・

 

ちなみに新宿区立落合中学校ですが
ウィキペディアでは、このような紹介になっています。
学校周辺には、おとめ山公園の森をはじめ緑が多く残る閑静な住宅街が広がる。
1993年完成の新校舎は、教育施設などを数多く手がける
建築家船越徹の設計によるもので区立中学校らしからぬ
外観となっている。通称は「落中」(おちちゅう)。

ちなみに船越徹さんというのは

船越 徹(ふなこし とおる、1931年1月25日 – )は、日本の建築家東京電機大学名誉教授東京都生まれ。

1953年東京大学工学部建築学科卒業。1958年に同大学大学院博士課程修了後、1967年まで吉武研究室助手をつとめ、その後東京電機大学に。

1961年 東京大学 工学博士 論文の題は「小・中学校の運営方式に関する建築計画的研究 」[1]

1970年、建築設計事務所アルコム設立。杉並区立杉並第十小学校、北区立十条台小学校プール・体育館、杉並区立第四小学校、稲城市立長峰小学校などの教育施設や文化センターなどの公共施設を数多く手がけている。 受賞歴は日本建築学会賞ほか多数。

といううことで、落合中学校も、
彼の手がけた公共施設の一つです。

ochiaichu-01-1-thumb-695xauto-1232

 

おそらく、外観から見ると、学校の雰囲気はないです。
この建築計画が出来た時に、反対はなかったのでしょうか?
これもまた、一つ疑問が残るのですが・・・・

ともかく、この建築設計の中には、PTA室を設ける
という考えも意見もなかったということなのかもしれません。
ochiaichu-01-3-thumb-695xauto-1234

それでも、PTAは存在しています。
なんとなく「親はなくても子は育つ」ではありませんが
「PTA室はなくてもPTA活動はある」でした。

 

落合中校歌はこちらから

落合中学校 校歌(昭和33年3月17日  校歌制定発表会挙行 )

PTA、やらなきゃダメですか? [ 山本浩資 ]

運営からトラブル解決までPTAお役立ちハンドブック [ 田所永世 ]

Let’s PTA研修「基本」マニュアル できることを、できるところから [ 高尾展明 ] 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す